お疲れ様でした
2016.07.20


当ステーションのスタッフが出産のため退職することとなりました。

Hさん 長い間お疲れ様でした。
子育てが落ち着いたら また一緒に働けることを楽しみにしています。

まだまだ 暑い日が続きますが、出産まで体調を壊さないようにして下さいね。
元気な赤ちゃんの顔を見せに来て下さい(o^^o)♪
7月のステーション合同研修会
2016.07.14


7月14日(木)に定例の合同研修会(和泉)を開催しました。

講師は、看護師のSさんです。

講義内容 : 『 認知症について 』 

大阪府認知症介護基礎研修に参加して社内研修で伝達講習をしました。
とてもわかりやすい内容で講習後スタッフ間での情報共有をし、今後のケアにつなげていければと思います。
キャラ釣りはびり
2016.06.30


こんにちは。作業療法士の日南です。

訪問させて頂いている小児の患者様の大好きなキャラクターで、

☆ ウキウキ ♡ ワクワク ☆ しながら行える

釣り遊びグッズを作成しました。

題して 『 キャラ釣りはびり 』

小さい手でも掴めるよう太めのスポンジで竿を、

厚紙でキャラクターをプリントし磁石でくっつく様にクリップを貼っています。

座位保持時間の向上や認知機能向上を目指して作成しました。
2桁×2桁のかけ算
2016.06.21
『 算数なるほど大図鑑 』 を子供に買いました。

たしかに なるほど!! と考えさせられることがたくさん載っていました。


「 筆算を使わないで 2桁×2桁の掛け算を解いてみよう 」

 問題) 12×13

 (1の位の計算)

   かけられる数の1の位×かける数の1の位⇒2×3=6

 (百の位と十の位の計算)

   かけられる数+かける数の1の位⇒12+3=15

   12×13=156になります。 




この方法で計算すると簡単に答えがでますね。

脳トレにも活用できそうです。
顔の見える和泉市在宅医療の会
2016.06.17


6月16日 和泉市シティプラザで『 顔の見える和泉市在宅医療の会 』に参加してきました!

和泉市和田町にある ふじわら診療所 藤原弘佳 先生 が代表となり開催されました。

和泉市で在宅医療をされている病院・診療所の医師10名、
訪問看護ステーションの看護師・理学療法士・作業療法士、
医療機関・保健所等で地域連携に従事されている方など29名、
計39名の方が出席されていました。

会の名前のとおり、
顔の見える関係を築いて連携していこうという趣旨でおこなわれました。

第1回の開催で医療機関・事業所等の紹介をして、
その後はフリートークでざっくばらんと話し合いました。

同じ地域で医療や介護に携わっていても、電話や書類で連絡することが多くなります。
顔を合わせて意見を交換できる機会は貴重です。

今後もこういった活動を深めて、
和泉市の方々が安心して生活を送れる医療・介護につなげていきたいです。
6月のセラピスト会
2016.06.11


業務終了後にリハビリスタッフ・看護師でセラピスト会をおこないました。
講師は理学療法士のスタッフで、内容は『腸骨筋・大腰筋に対する治療』です。

腸骨筋・大腰筋は股関節を動かす重要な筋肉です!
治療後は歩行やもも上げなど足が上がりやすくなりました!

話も盛り上がり、股関節だけではなく膝や頚部に対する治療など色々と話しました。

スタッフ間でもリハビリの考え方や方法も様々です。
新しい発見も聞けて良い勉強になりました!
6月のステーション合同研修会
2016.06.09


6月9日(木)に定例の合同研修会(和泉)を開催しました。

講師は、看護師のYさんです。

『 スムーズな退院支援について 』 を学びました。

医療保険・介護保険の制度は2~3年で改定されます。
制度を理解して使っていくことや、色んな事例を知ることができました。

ご入院中の方が退院してからも円滑に生活できるよう、
医療機関と訪問看護ステーションが連携していくことは重要だと感じました。
桃山フェスタ
2016.05.30


5月29日、
桃山学院大学で春の地域交流イベント
 『 桃山フェスタ 』が行われ 家族で行ってきました🎵

吹奏楽部の演奏や
チアリーデイングやダンス部のパフォーマンス、
子供たちが喜ぶゲームなど、たくさんのイベントがあり、
子供も私もとても楽しい一日を過ごすことが出来ました。



桃山学院大学の皆さん、楽しいイベントをありがとうございました。
また来年も楽しみにしてます。
活動性をアップさせ、社会参加を応援!
2016.05.25


I さんは両足に難病を患い、ちょっとした衝撃で肋骨骨折や脊椎圧迫骨折が生じ、
通院するのがやっとの方でした。

リハビリ導入前の問題点
・ 四つ這い移動で膝がこすれる痛み
・ 床からの立ち上がりが不安定
・ トイレや浴室のまたぎ動作では転倒されることがありました。

残存能力を生かしたプログラムを作成し週1回のリハビリがスタートしました。

導入当初のリハビリメニュー
・ おしり上げの練習や膝立ち姿勢での荷重練習
・ 床からの立ち上がりや立位を保持する練習

体力の改善に伴い、週2回のリハビリに変更。

当初は足の疲労がすぐに表れていましたが、1分、2分と時間を延ばすことができ、
現在は足踏みを組み合わせて3分ほど立位が行えるようにまで改善しています。

リハビリを導入してからの改善点
・ ご夫婦の趣味であるカラオケ教室に月2回ほど通えるようになりました。
・ お一人で行うホームエクササイズの内容や動作での注意点を助言し、
 ご自宅でご自身でできるプログラムも提供しています。

ご主人に頼りきりであった家事全般においても、少しずつ家事に参加できるようにもなり、
ますますリハビリに積極的になっておられます。
とまと
2016.05.24


毎日、夏日が続きますね。
みなさん、いかがお過ごしですか?
水分補給をしっかりし、
体調には、十分気を付けて下さいね。

わが家の小さな畑で、夏野菜を育てています。
胡瓜、ピーマン、オクラ、なすび、トマトと、、、

太陽の恵みを沢山浴びて育った野菜たちは、
目に見える成長が見られとてもウキウキした気分になります🎵

沢山、実がなりますように。

- CafeNote -